災害時や停電時も安心!照明や充電サービスを提供


2017年07月17日 07時00分

「ライトステーション」
菊川工業株式会社は、シティコネクト「ライトステーション」の受注を、2017年7月より、開始する。

独立電源型のLED照明灯である、「ライトステーション」は、太陽光とバッテリーを利用しており、東京都環境局の「自立型ソーラースタンド普及促進事業」にも対応。

携帯電話の充電機能も備えているほか、QRコードを利用した多言語情報提供システムのオプション搭載も可能だ。

ライトステーションは、平常時と災害時において、使用方法を使い分けることができる。

平常時
平常時は、待ち合せポイントで照明灯を提供するほか、待ち時間を利用して、携帯電話を充電することも可能。

インフォメーションボードを使って、施設やイベントに観光客を誘導する。QRコードを使うと、情報(周辺のイベント、行政、観光)を取得できる。また、「QR Translator」を使用して、情報を多言語で提供することも可能だ。

災害時・停電時
災害時や停電時は、自立型(独立電源)を使って、平常時と同様に、照明や携帯電話の充電サービスを提供する。

充電スタンドでは、携帯電話を充電できるほか、安否連絡ツールの確保も可能だ。Jアラート・Lアラートなどの情報を使うことで、災害時情報への切り替えが、設置場所ごとに、自動的にできる。

「QR Translator」を使用すると、位置に合わせて、避難経路や場所、災害情報などを、多言語で入手できる。
 
(画像は菊川工業株式会社のホームページより)


▼外部リンク

菊川工業株式会社
http://www.kikukawa.com/

菊川工業株式会社 DREAMNEWS
http://www.dreamnews.jp/